個人のお客様

Personal Customer

離婚問題(男女間トラブル)で悩まれている方へ

男女間での問題について一人で悩んでいませんか。

男女間トラブルの問題は、人間関係に基づくものであり、他人に相談することを控える方が多く、悩み事を一人で抱え込んでしまい、重い精神的ストレスを感じ、日常生活に支障をきたす場合が少なくありません。

「もう別れたい、お金を返してほしい、暴力に耐えられない、浮気が許せない、子供のことが心配」等、悩みの種は尽きません。

法律事務所ASCOPE(アスコープ)は、お客様の悩み一つ一つに耳を傾け、どのようにしたらその悩みが解消されるかを最優先にして、相談にあたらせていただきます。

あなたにあった解決策がきっと見つかるはずです。

些細なことでも、ご相談ください。全力でサポート致します。

実績

当事務所では、医師、歯科医師、弁護士、税理士、企業経営者、専業主婦など、幅広い属性の方から男女間トラブルについての相談を承っております。

案件内容についても、解決金総額8000万円という高額な案件や、不利な状況から親権を獲得した案件、養育費の増額に成功した案件、財産分与として要求していた不動産を獲得した案件、男女間の金銭の貸し借りについて全額回収できた案件など、男女間をめぐるあらゆる案件で成果を出してまいりました。

ご依頼のケース

Aさんは、度重なる夫からの暴力、暴言に耐えかねて、離婚をしようと決意いたしました。

当初弁護士に依頼すると、費用が高くなると考え、自ら離婚についての交渉をしていたものの、先方からの解決金の提示は低く、親権についても主張され、どのように進めたらいいか悩まれていました。

Aさんは、お住まいの近くの法律事務所に依頼をしようとしたものの、その弁護士の態度から、自分の抱えている問題について親身に対応してくれるか不安に感じて、知人から良い噂を聞きつけ、少し遠く離れているものの、東京に所在する当事務所にご相談にいらっしゃいました。

相談の際、Aさんから詳細に事情を聞き取り、Aさんが今後の手続きの流れと、本件についてどのような作戦を用いればどのような効果が得られるのかを知りたいことがわかりましたので、その点についてわかりやすい資料を使って説明をさせていただきました。

本件は、交渉から調停へと手続きが進み、先方は一向に解決金は50万円であること、と親権の主張をされましたが、当方としては、必要に応じて証拠を提出した上で、先方の主張に理由がないことを説明し、調停員を味方につけることで、スムーズな話し合いができるように努めました。

結果として、調停において有利な話合いを進めることに成功し、解決金総額は約300万円となり、親権の獲得もできました。

このような結果を得て、Aさんが新しい一歩を踏み出せたことは、弁護士として大変うれしい限りです。

当事務所としては、上記の通り離婚案件について、的確な戦略を用いて進めることで、依頼者様の満足のいく結果を目指しており、交渉スキルはもちろんのこと、どのようにしたら依頼者のためになるかを常に考えて行動しております。

費用

当事務所は、少数精鋭による充実したサービスを提供するために、事件を着手するにあたって着手金を頂戴しております。

そのうえで、広く多くの方の、ご不安、ご心配を解消させていただく力となれればと考え、初回相談料は無料とさせていただきました。

初回相談料 無料
着手金 30万円~
報酬金 30万円~

※離婚請求以外に、親権を望まれる場合、慰謝料請求をされる場合は、事案に応じて着手金及び報酬金が増額する可能性があります。
相談時に詳しくご事情をお伺いして、お客様に最適な費用プランをご提示させていただきます。