ASCOPE law office
ASCOPE law office

先輩達の声

ATTORNEY INTERVIEW

磯田一武

樋沢 泰治(弁護士)

Q.何故アスコープに入所したのですか?

面接時の雰囲気でも活気のある事務所だと感じ、そこが魅力でアスコープに決めました。   また、パートナーの先生は得意分野がそれぞれ違うと聞いたので、色々な案件に携わることができると思いました。

Q.他の事務所と比較して、アスコープの良いところは?

1 パートナー弁護士との距離が近い
パートナーの先生に、わからないことがあって質問をしても、丁寧に答えてくれます。
また、事件についての議論では、アソシエイトである我々の意見も柔軟に取り入れてくれるので、パートナーの顔色を伺って萎縮するということはありません。

2 個性を伸ばす方針であり、様々な対応の方法が学べる
アソシエイトはパートナー全員と一緒に仕事をする機会があるので、各パートナーの事件対応の方法などを直に見ることができます。各パートナーにも個性があり、その先生のやり方を勉強でき、色々な対応方法が学べるのも長所だと思います。
また、事件への対応について、必ずこうすべきといった押し付けはなく、アソシエイトの個性を尊重しつつアドバイスを貰えるので、個性を伸ばす方針の事務所だと感じます。

3 委員会活動などを自由にさせて貰える
アスコープは委員会活動には制限がありません(もちろん、業務に支障がでない範囲でだとは思いますが)。
また、若手弁護士向けの有料セミナーについても、事務所として費用を出してくれますので、普段取り扱ってない分野についても自己研鑚が可能です。

4 アソシエイトが主導となるプロジェクト企画制度がある
アスコープにはアソシエイトでもプロジェクトを企画することができ、企画が通った場合には、アスコープが事務所として支援してくれる制度があります。
「こういう分野がやりたいけど取り扱っている事務所がない!」という方はアスコープがサポートしてくれるかもしれません。
他には、出張が多いので、旅行好きの人は相性が良いかもしれませんね。

Q.仕事のやりがいはどういうときに感じますか?

やはり依頼者に感謝されるときが一番だと思います。
  これとも関連しますが、目に見える成果が出た時というのもやりがいを感じる時です。

Q.業務内容と今後力を入れていきたい業務分野は?

業務内容はB型肝炎訴訟が中心ですが、その他にも、交通事故・離婚・企業法務など多岐に渡っています。
  継続中の案件も多いので、暫くは現状の業務への専念になると思います。

Q.入所者へのメッセージ

業務は忙しいですが、やりたいことがあれば、事務所として応援してくれるので、自己実現しやすい事務所ではないかと思います。急成長中の事務所ですので、事務所の発展する様を体験したい方に向いていると思います。