弁護士法人法律事務所ASCOPE
立川オフィス

0120-35-1337

受付時間:平日 9:00-19:00

0120-35-1337

受付時間:平日 9:00-19:00

交通事故に遭われた方 賠償金の増額交渉はお済ですか? 多摩・武蔵野地域で交通事故に強い弁護士を探しなら、ASCOPEにお任せください 「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」公式アンバサダー 藤原紀香交通事故に遭われた方 賠償金の増額交渉はお済ですか? 多摩・武蔵野地域で交通事故に強い弁護士を探しなら、ASCOPEにお任せください 「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」公式アンバサダー 藤原紀香

煩わしい交渉を
任せて、
治療に専念したい方

相手方の保険会社が提示した
示談金額
が本当に妥当か
不安な方

障害が残りそうなとき、
後遺障害等級認定
に不満がある方

まとめてご相談ください!

安心の成功報酬制
にて承ります

弁護士費用特約を利用する場合、
特約より相談料等が支払われるため、

ほとんどの方が
自己負担額
で弁護士をご利用できます!

\いつでもご相談ください!/
Zoomでの面談も可能です

立川オフィス弁護士紹介

弁護士

鈴木 博士(すずき ひろし)

弁護士 鈴木 博士(すずき ひろし)

ご挨拶

はじめまして、弁護士の鈴木博士です。

この度、生まれ育った西東京・多摩地域において、弁護士業務を行うこととなりました。
慣れ親しんだこの地の住民の方々に対して、法的サービスを提供できることをとても嬉しく思っています。是非、お気軽にご相談ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

弁護士

寺島 勇樹(てらしま ゆうき)

弁護士 寺島 勇樹(てらしま ゆうき)

ご挨拶

はじめまして、弁護士の寺島勇樹です。
法律問題に直面すると、不安に駆られ、そのことで頭がいっぱいになり、日常生活にも支障が出たりするものかと思います。
私も弁護士となる以前には、身近に法律問題があった場合に、そのような状態となりました。
私は、法律問題に直面した皆様の話を親身になって聞き、丁寧に説明をさせて頂くことを心掛けております。
そのようにすることが法律問題に直面した皆様の不安を解消することに結び付くと考えているからです。
同時に、依頼者の皆様の利益が最大限実現できるように、尽力いたします。
どうぞ些細なことであってもお気軽にご相談ください。
皆様が一日でも早く日常の生活を取り戻せるように誠心誠意取り組んでまいります。

弁護士

青田 敏輝(あおた としき)

弁護士 青田 敏輝(あおた としき)

ご挨拶

はじめまして、弁護士の青田敏輝です。
私は、法的紛争に巻き込まれた方々とのコミュニケーションを大切にしています。真の問題点を把握し、ベストな解決に導きたいと考えています。
お困りの方は、お気軽にご相談ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

弁護士

出口 智之(でぐち ともゆき)

弁護士 出口 智之(でぐち ともゆき)

ご挨拶

はじめまして。弁護士の出口智之です。
問題を解決するうえで第一に重要なのは、皆様と信頼関係を築くことであると考えています。
そのため、皆様と綿密にコミュニケーションを取って不安に寄り添い、抱えている問題の解決に向けて真摯に努めてまいります。

弁護士

前田 紘希(まえだ ひろき)

弁護士 前田 紘希(まえだ ひろき)

ご挨拶

はじめまして、弁護士の前田紘希です。
ご相談やご依頼をお請けした皆様から「相談してよかった」、「依頼してよかった」と思って頂けるよう、一つ一つのご相談・ご依頼に対し、誠意をもってご対応させていただきます。
まずはお気軽にご相談ください。どうぞよろしくお願いいたします。

ご相談の流れ

弁護士費用

弁護士費用特約に
加入されていない方

初回相談料

30分無料

着手金

無料

成功報酬

回収額の11%+198千円(税込)

※上記の他、訴訟などの手続に移行した場合などには、別途、弁護士の日当や実費を頂戴する場合がございます。

弁護士費用特約に
加入されている方

※弁護士費用特約を利用する場合、特約より相談料等が支払われるため、
ほとんどの方が自己負担額0円で弁護士をご利用できます!

初回相談料

1時間/11千円(税込)

以降15分毎に2750円(税込)

着手金

回収額 125万円未満

11万円

回収額
125万円~300万円未満

回収見込み額の
8.8%

回収額
300万円~3000万円未満

回収見込み額の5.5%
+9万9千円

回収額
3000万円~3億円未満

回収見込み額の3.3%
+75万9千円

回収額 3億円以上

回収見込み額の2.2%
+405万9千円

(全て税込)

成功報酬

回収額
125万円~300万円未満

回収見込み額の
17.6%

回収額
300万円~3000万円未満

回収見込み額の11%
+19万8千円

回収額
3000万円~3億円未満

回収見込み額の6.6%
+151万8千円

回収額 3億円以上

回収見込み額の4.4%
+811万8千円

(全て税込)

弁護士費用特約は、自動車保険以外の火災保険等にも付帯している場合がございます。
また、他のご家族が加入されている保険を利用できる場合もございますので、一度保険会社に確認されることをお勧めいたします。

※弁護士報酬が発生した時点で税法の改正により消費税の税率が変動していた場合には、改正以降における消費税相当額は変動後の税率により計算いたします。

※このほか、追加着手金(訴訟などの手続に移行した場合など)、弁護士の日当(往復2時間を超える遠方への出張が必要な場合など)がかかる場合があります。

弁護士に依頼すると、
なぜ慰謝料・賠償金の
増額が
見込めるのですか?

実は、慰謝料・賠償金には
複数の算定基準があります

  • 自賠責保険基準 査定額:低

    算定額:低
    自賠責保険から支払われる金額の基準をいいます。
    事故被害者への「最低限」の補償を目的としたものであるため、対人賠償しかカバーしておらず、同基準で算定されると、他の基準に比べて低い金額になります。

  • 任意保険基準 査定額:中

    算定額:中
    相手方の任意保険会社が、自社で独自に定めている基準をいい、相手方に保険会社が就いてる場合は、ほとんどがこの基準に基づいて慰謝料・賠償金を提示してきます。注意すべき点として、任意保険会社はあくまで一企業ですから、保険料を運用し「利益」を上げなければなりません。そういう立場上、支払う保険金は「利益が出る範囲」に抑えがちになり、本来被害者が受けとるべき金額より低く提示される場合が多くなります。

  • 裁判基準 査定額:高

    算定額:高
    裁判基準とは、実際の交通事故裁判の判例から導き出された基準をいいます。
    上記2つの基準とことなり、「最低限」あるいは「利益の考慮」といったくびきから離れた、「被害者が本来受けるべき補償」に最も則した基準といえます。

弁護士なら裁判所基準での
慰謝料・賠償金交渉が可能です

保険会社の提示する金額で安易に妥協してしまうと、本来得られるはずだった補償を貰い損ねてしまう恐れがあります。
経験豊富な弁護士が入ることで、裁判までもちこまずとも、保険会社主導の過失割合による自賠責保険基準・任意保険基準で算定された提示額を、事故に即した適切な過失割合による裁判所基準に準拠した額に増額交渉することが重要です。
また、交渉をプロである弁護士に任せることで、解決が早まり、被害者と家族のストレスも軽減されるでしょう。

保険会社=(1)自賠責保険基準や(2)任意保険基準での算定・・・低い金額の提示

弁護士=(3)裁判所基準での算定・・・高い基準で算定して保険会社と交渉。金額UP!

解決事例

まとめてご相談ください!

安心の成功報酬制
にて承ります

弁護士費用特約を利用する場合、
特約より相談料等が支払われるため、

ほとんどの方が
自己負担額
で弁護士をご利用できます!

\いつでもご相談ください!/
Zoomでの面談も可能です

事務所のご紹介

TOP