法律事務所ASCOPE
法律事務所ASCOPE
法律事務所ASCOPE
法律事務所ASCOPE
法律事務所ASCOPE

感染被害者の声

B型肝炎訴訟体験談

B型肝炎訴訟体験談

VOICE 09

片岡 佐奈恵さん(仮名)

女性・慢性肝炎

弁護士さんがサポートしてくれるので難しく考える事はないと思います。
勇気を出しましょう。

Q1B型肝炎ウイルスへの感染を告げられた時はどのような気持ちでしたか。

正直 初めてB型肝炎と言われたときは 何の病気?っていう感じでした。長女を妊娠した時に告げられ 病院では治療方法など何もいわれず 29歳まで放置でたまたま違う怪我で血液検査でB型肝炎がとても大変な病気だと告げられすごくショックを受けました。 いつ薬をやめることができるんだろう? この先どうなんだろう? いろいろ考えました。

Q2B型肝炎の症状や治療で苦しかったこと、辛かったことはありますか。

症状としては、症状としてはすごく体が疲れました、体を動かす仕事なので…余計に疲れました。最初に処方して頂いた薬が効き副作用もなく良かったです。

Q3治療以外で苦しかったこと、辛かったことはありますか。

私がB型肝炎という事で、子供達にも母子感染していたら?子供達もB型肝炎だったらどうしよう、次女は予防接種をしたので大丈夫?長女は予防接種はしていなかったのでもしかしたら…っと色々考え血液検査をしました。B型肝炎ではありませんでした。 もしそうだったら 子供に申し訳なく 私と同じ思いをするのかと思うと辛くて仕方なかったと思います。

Q4B型肝炎によって失ったものはありますか。

赤ちゃんができ産もうかと主人と話し 肝炎の担当医に相談した所 薬が強く、普通の子が生まれてくる可能性はない、妊娠中は薬をやめなくてはいけないので私の肝炎がひどくなり、出産までもつか分からないと伝えられ、赤ちゃんを降ろすしかないと思ったとき、すごくショックをうけました。

Q5B型肝炎給付金訴訟を知った経緯

母から教えてもらいました。スマートフォンで検索し、お願いする事にしました。

Q6B型肝炎給付金訴訟の進行に関するご意見

弁護士さんの対応はすごく良かったです。相談もしやすく。

Q7和解したときの気持ち

和解しても、私の体は元に戻るわけではありません、体が健康になったわけでもありません、でも頂いた給付金は大切に毎月の薬代、診察代に有難く使おうかと思っています。

Q8B型肝炎給付金訴訟に関して国の周知・広報活動に関して

平成29年1月12日までではなく、もっと延ばしてほしいと思います苦しんでいる人は沢山いると思います。

Q9今不安に感じていることはありますか。

特にありません。

Q10他の被害者の方に向けてのメッセージ。

B型肝炎だという事を他の人にしられるのは本当に嫌なことです。弁護士さんがサポートしてくれるので難しく考える事はないと思います。勇気を出しましょう。

Q11その他に何かお書きになりたいことがあったら自由にお書きください。

法律事務所アスコープの皆様ありがとうございました。大変お世話になり 勇気をだして良かったと思います。これから先治療に専念しようと思います。