法律事務所ASCOPE
法律事務所ASCOPE
法律事務所ASCOPE
法律事務所ASCOPE
法律事務所ASCOPE

感染被害者の声

B型肝炎訴訟体験談

B型肝炎訴訟体験談

VOICE 01

細野 栄伸さん(仮名)

男性・無症候性キャリア

旅行先でのくし等血液が付着する生活用品は、使った後は処分する等、他人・家族が使えないよう気をつけている。

Q1B型肝炎ウイルスへの感染を告げられた時はどのような気持ちでしたか。

ショックでした。くしや食器類等家族と区別し、共有しないよう指導等を受け、隔離された気持ちとなりました。
将来的な事など不安要素が頭をよぎり、しばらくはうつ状態に似た状況が続いた。

Q2B型肝炎の症状や治療で苦しかったこと、辛かったことはありますか。

風邪をひいた時等回復に時間を要し、体調には十分気をつけての生活を意識している。

Q3治療以外で苦しかったこと、辛かったことはありますか。

旅行先でのくし等血液が付着する生活用品は、使った後は処分する等、他人・家族が使えないよう気をつけている。

Q4B型肝炎によって失ったものはありますか。

特になし

Q5B型肝炎給付金訴訟を知った経緯

テレビのニュース、インターネット

Q6B型肝炎給付金訴訟の進行に関するご意見

時間がかかり過ぎ(国の対応)、もう少し早い対応を望む

Q7和解したときの気持ち

特になし

Q8B型肝炎給付金訴訟に関して国の周知・広報活動に関して

少ないと思う。現在の広報状況では知らない人も多いのでは・・・。
訴訟方法についても広報情報が少なく具体的でない。

Q9今不安に感じていることはありますか。

病気の進行が気がかり、定期検査を継続したい。

Q10他の被害者の方に向けてのメッセージ。

特になし

Q11その他に何かお書きになりたいことがあったら自由にお書きください。

特になし