法律事務所ASCOPE
東京オフィス

0120-644-000

受付時間:平日 9:00-19:00

0120-644-000

受付時間:平日 9:00-19:00

東京都港区で、

遺産相続に関するご相談は

法律事務所ASCOPE
お任せください

法律事務所ASCOPE

代表弁護士

難波 隼人

他の相続人に請求をされたい方、
他の相続人から請求されておられる方、
いずれもお気軽にご相談ください。

相続のご相談は、
法律事務所ASCOPEへ
お任せください

お電話でお問い合わせ

<電話受付時間>平日 9:00~19:00

メールでお問い合わせ

メール受付なら24時間365日

こんなお悩み
ございませんか?

一つでも当てはまると思ったら、

今が、弁護士に相談すべき
タイミングです!

あなたの為に活動する
弁護士が必要です

他の相続人の方が弁護士を立てた場合、
その弁護士は相続人全員の為にではなく、
あくまで依頼者の方の代理人として
活動されることになります。

もし意見が食い違ったというようなときに、
「相手の弁護士と渡り合えるか不安がある」、「専門的な話しばかりで煙に巻かれている様に感じる」というような場合は、
ご自分でも弁護士を立てるのが
よいでしょう。

何を相談すべきかわからないという方も、
まずはお気軽にご相談ください。
弁護士が不安の解消に向けて
サポートいたします。

相続に関するお悩みは、
専門家である弁護士に
ご相談ください

一般的な相続の流れと
弁護士に依頼するタイミング

相談開始

ご相談の流れ

コンフリクト(利益相反)チェック・相談日時の調整をいたします

まずはお電話またはメールにてご連絡ください。

<メールでのお問い合わせの場合>
当事務所より相談日時等について折り返しご連絡いたします。

<お電話でのお問い合わせの場合>
ご相談内容の簡単な確認、相談日時の設定等をさせていただきます。
お電話では、一旦下記についてお聞きいたします。
ご相談者様の氏名/ ご住所 / 電話番号 /相談内容の概要/ご来所可能日時

対面にて初回のご相談を承ります

原則として弊所へお越し頂いての面談をお願いしておりますが、コロナウイルスの状況等によっては、個別に相談方法をご提案させて頂く場合がございます。
ご相談内容の詳細をお伺いし、解決の糸口をご提供いたします
(お時間は、30分〜1時間程度)。
併せて、初回ご相談後の流れや費用等についてもご説明いたします。

※相談時に必要な関連資料を持参されるようお願いさせていただく場合がございます。
※ご相談内容の秘密は厳守いたしますので、ご安心ください。

ご契約・案件対応開始

ご相談内容を踏まえて、弁護士から今後のプランをご提案させて頂きます。
ご依頼頂ける場合には、契約書を交わさせて頂き、弁護士が対応を開始いたします。

※初回の無料相談にてお悩みが解消され、ご依頼に至らなかった場合は、費用は頂戴いたしません。

弁護士費用のご紹介

※本ページ内の費用等の記載は全て
「税込表記」です。
費用が発生した時点で税法の改正により
消費税の税率が変動していた場合には、
改正以降における消費税相当額は
変動後の税率により計算いたします。

※弁護士の判断にて別途見積もりをさせて頂く
場合がございます。

相続のご相談は、
法律事務所ASCOPEへ
お任せください

お電話でお問い合わせ

<電話受付時間>平日 9:00~19:00

メールでお問い合わせ

メール受付なら24時間365日

解決事例のご紹介

解決

オーバーローン不動産が相続財産となったケース

<依頼者>

60代男性。

<事案の概要>

遺言書がない状態で依頼者のお母様が他界し、その相続人である息子(依頼者)と娘(相手方)とが相続人となった事案でした。この事案においては、お母様が生前、代々引き継いできた土地の上に賃貸物件を建築して業者にサブリースしており、相続税の評価額としてはその際に生じた住宅ローンの負債の方が多い(いわゆるオーバーローンの状態の)ケースでした。

<解決結果>

上記サブリース物件以外の土地は、畑地や実家の土地建物であり、現預金もほとんど存在しなかったため、結局このサブリース物件をどのように相続するのかというのが主要な争点となりました。結局、相手方がサブリース物件の取得を拒否したため、依頼者がこれを相続しましたが、サブリース物件の評価額について工夫して交渉することにより、代償金の支払金額を当初の金額から半額以下の金額に抑えることに成功しました。

解決

遺言書による遺留分の侵害が問題となったケース

<依頼者>

50代男性。

<事案の概要>

父親が他界し、その妻と子供たちが相続人となった事案において、他界した父親の遺言書が残されていたところ、そこには財産の大部分を長男と妻に渡す内容が記載されており、それに不満をもった他の兄弟との間で紛争が起きたために、長男からご相談をいただいたケースでした。

<解決結果>

そもそも、相手方である兄弟には、遺留分減殺請求権(現行民法における遺留分侵害額請求権)という法定相続分の半額の金銭を請求する権利がありますので、確かに法的には兄弟から金銭請求されても致し方ない事案ではありました。しかし、相続財産には現預金がそこまで多くはなく、現金による遺留分の支払いが難しい状況がありました。
そこで、遺言書がある場合であっても、相続人全員の同意等の条件を満たせば遺言書の内容と異なる遺産分割協議も可能であるため、本件においてはこの方法により解決を図る作戦をとりました。その結果、不動産をいくつか相手方の兄弟に相続させることにより、わずかな代償金の支払いで遺産分割協議を終結させ、現預金の支出を最小限に抑えることに成功しました。

統括弁護士紹介

代表パートナー/弁護士

難波 隼人(なんば はやと)

代表パートナー/弁護士 難波 隼人(なんば はやと)

PROFILE

東京工業大学工学部 卒業
一橋大学法科大学院 修了

はじめまして、弁護士の難波隼人です。

あなたが生きていくうえで、不安に思うこと、どうしていいかわからないこと。それは、あなただけで解決できるものではありません。
社会との関係、家族との関係。さまざまなつながりのなかで生きているからこそ、一人ではわかりにくいこと、考えるのも難しいことが増えていきます。
ただ、生きていくのではなく、今よりもっとよく生きていくために。わたしは、法律のプロフェッショナルとして、あなたの話を聞き、あなたを支えていくことができます。
あなたが、よりよく生きるために、まずはあなたのお話を聞かせてください。

どうぞ宜しくお願い致します。

事務所のご紹介

相続のご相談は、
法律事務所ASCOPEへ
お任せください

お電話でお問い合わせ

<電話受付時間>平日 9:00~19:00

メールでお問い合わせ

メール受付なら24時間365日

TOP